KAKIKAKI

書きたいことを書きます

2011 Sexy.Honey.Bunny!コンサート

*ここではV6のライブDVDを見て感じたことをなるべく客観的に書いています。

*この評価は他グループなどを比べてのものではありません。

*☆の数が少ない=悪いではありません。最初が100点の加点方式です。

*筆者は音楽に関してドがつくほどの素人です。

 

 

 

2011 Sexy.Honey.Bunny!

 

 

曲目:★★★★☆

照明:★★★★☆

舞台:★★★★★

演出:★★★☆☆

カメ:★★★★★

 

◎曲目

花丸満点の2011年の曲目

何と言っても、そのバランスの良さが目立ちます。

 

メンバーのソロが1曲ずつ、トニセンカミセン曲が1曲ずつ

加えて、Coming Century feat.20th Centuryという曲が1曲

(あえて”V6”表記でないところが深いですね)

 

曲調も盛り上げ曲やバラード、シックな曲と幅も広いです。

 

★4の理由はその「幅」が2013の方が広いから、です。

このコンサートでも十分攻めてる印象はありますが、2013では度肝抜かれますので。

 

 

◎照明

他グループや他アーティストのライブをあまり見たことがないので比較が出来ないのですが、照明がスゴイです。

スポットライト、レーザー、ステージライト…曲によって巧みに使い分けられるため、それぞれ「曲」の雰囲気を最大限に引き出しています。

 

スモークも必要に応じて使用されています。

スモークもまた光を反射し、幻想的な世界を演出しています。

 

メンバーカラーで照らしたり、螺旋模様を入れたりと、「そんなことまで出来るの!?」という驚きをくれます。

 

こちらも★4なのは、2015年の照明に脱帽したためです。

(余談ですが私が初めて手にしたV6のDVDはこれ。そのとき、照明に衝撃を受けました。それでも2015には目を奪われたので、★4にしました。とはいえ、2011も凄いんですよ。)

 

 

◎舞台

舞台、というかステージのことです。

これは文句なしの★5です。

 

六芒星の形をしたステージは、真ん中のステージと外側の三角形部分が独立しており、そこのみ色を変えたり、光らせたりすることができます。

それぞれをメンバーカラーにしたり、曲の雰囲気に合わせて輪郭だけを光らせたり…まさに自由自在。

 

しかしも可動式のため、高さの違う階段のようなステージにも出来ます。

これにより演出やダンスにも幅が出ているように思えます。

 

またセンターステージのため、メンバーの向きが正面に固定されず、フォーメーションも360度に魅せることを考えて作りこまれています。

 

 

◎演出

ここでの「演出」は他で見られないこの年独自の「ファンサービス」を中心に見た演出のことを指します。

 

★3としたのは、他の年に比べ短かったためです。

この年独特の演出といえば

「誕生日」のファンサービスでしょう。

 

坂本さんのソロ「Happy Happy Birthday!」でその日に誕生日を迎えた人と一緒にステージ中央にあるバースデーケーキのローソクを模した照明を坂本さんと息を吹いて消す、というもの。

 

個人を対象としたファンサは2013と同じで、V6らしい演出ですね。

 

「誕生日」が対象ということで、長野さんが選ばれたこともあったとか。面白いですね。

ただ、残念なのが「メンバー」と「短さ」。

 

坂本さんのソロにメンバーがバックでついていたのですが、時間の関係か岡田さんがついていませんでした。
当時のリハにもあまり出れなかったそうなので、準備の時間が間に合わなかったのでしょう。

 

その上、カミセンがスタンバイの関係で早めに抜ける必要があり、最終的な演出は坂本さんのみで行われます。
(もちろんめちゃくちゃカッコいいんですけど)

 

殆どのファンは6人が揃って何かをやっているのが好きですから、後ろにいるだけでもいいから、居てほしかった、というのが本音です。

もちろん、坂本さんの「おめでとうございます」は本当にカッコイイです。


ちなみにあえて触れませんでしたが、「曲」そのものの演出は良く練られています。
特に、三宅さん、森田さんのソロの演出は鳥肌ものです。

 

 

◎カメラワーク

星を綺麗に並べたかったので変な略し方にしてしまいました、すみません。

 

カメラワークですが、これは本当の本当にいいです。
1曲1曲がPVのようなカメラワークと切り替えです。

 

また2011は演奏やコーラスの方がよく見える位置で演奏されているのですが、かなりの頻度でその姿を映しています。

 

曲調によってバイオリン、チェロなどとギターやドラムが使い分けられます。

森田さんソロではトランペットも登場。それもまた映像美になっています。

 

アイドルのDVDだからどうせ顔ばかりアップで写っているのだろうと思っていた自分を殴りたいです。

 

演奏者だけでなく本人たちの映像もかなり大胆に選んでいます。

ダンスが見えるように全身を入れるだけでなく、足元だけ、手元だけといった一部のアップもかなり見られます。


それがまたPVのような魅力を出しています。

 

Air」という曲ではかなり独特な光の演出がされるのですが、Airではその演出をメインにカメラが回り、メンバーの顔アップは多くはありません。
全体も暗く、はっきり映らないことが多々あります。

 

しかし、「完成」された映像美に文句どころか賞賛の声しか出ません。

 

――――――


以上、カテゴリに分けてV6のライブを評価してみました。


改めて言いますが、「100点」が前提の評価です。
しかしそれだと余りにも欲目すぎるので、我慢した結果がこちらというだけです。
(演出だってSupernova見たら十分だって分かりますからね)

 

ちなみにカテゴリ別オススメの曲は

 

曲目:New Day
照明:Mission of Love
舞台:Crank it up!!
演出:Supernova
カメ:You Know?、官尾

 

です。もちろん、他にもいっぱいありますが、イチオシはこれ!

 

2011年のライブ、通称セクバニコンはV6をあまり知らない方にもオススメします。
何を隠そう、私もこれでV6にハマったのです。

 

ちょっと気になっている…、という方は是非!

 

 

 

余談

ちなみに私が持っているのは通常盤DVDで、オマケにはSP、セクバニ、スパノバのマルチアングルがついています。

見てみてとても良かったので初回限定盤はないかと探したら、なんと3万円でした…。今のV6の過去ライブDVDの中で一番高値だそうですね…。まだ手が出せません…。

ドリフェス

ドリームフェスティバル、無事V6さんの演目が終了したそうですね。本当にお疲れ様です、ありがとうございます。

参加した方々もおめでとうございました、楽しめましたか?

 

残念ながら私は参加出来なかったのですが(落選…)14曲という驚きの曲数や演出、ファンサをTwitterで聞き楽しいフェスになったのだと分かって、それだけでとても嬉しいです。

(fake→will→SPの流れは本当に見たかったです映像化待ってます)

 

セトリが良かった!という感想を多く目にしますね。

考えたのは三宅さんとのこと。流石ですねぇ。

 

特に、皆が知っている曲を数曲ではなくファン人気も高い「V6の名曲」を十数曲詰め込んだのはただ凄い、の一言です。

 

ドリフェスには他アーティスト方のファンも多く参加されてます。

 

そんな、V6を全く知らない人にV6を知ってもらう、かつV6が好きなファンにも楽しめるセットリストだと感じました。

 

関連ツイートを軽くエゴサしましたが、Vファン以外の方もV6のことを言及しており、「良かった」「凄かった」というお言葉が!

とてもとても嬉しいです。

 

若干懸念していた「ジャニオタマナー」に関しても、探しましたが特に問題と見られる様子はありませんでした。

 

これまで数年ジャニーズが参加していることもあり、フェス参加の人々に慣れがあるのかもしれませんね。

 

 

とにかく、ライブがなかった2016年、まさかフェスという形で露出があるとは思いませんでしたが、本当に有難いですね

 

来年はライブもあるのかな?

 

年明けにはトニセン舞台が確約されていますし、楽しみですね!

 

 

 

テレビ放送で見たくて見たくてしょうがないので、とりあえず今夜はライブDVD見ます

TOKIOとその他グループにおける格差

ジャニーズといえば男性アイドルを数多く輩出するそのカテゴリにおいて(一般人の私が思うに)最大手の事務所かと思われます。

 

その歴史は古く、三世代でジャニーズファンという家庭もあるのではないでしょうか。

 

しかしその一方で厳しい見られ方をされることも多いのがジャニーズ。

 

もちろん多くの人の目に晒される「芸能人」には必ず「アンチ」がいるとは思いますが、一部の界隈に存在そのものを嫌う人が一定数いることは認めざるを得ません。

 

 

しかしそんな人たちが唯一「許す(好き)」なジャニーズ、それは「TOKIO」でしょう。

 

鉄腕DASH」という番組で有名な職人集団TOKIO

ジャニーズ事務所所属ということでカテゴリは間違いなく「男性アイドルグループ」にも関わらず、他のジャニーズと違いバンドグループとして売り出されています。

 

楽器を弾けるジャニーズは彼らだけではありませんが、ほぼすべての楽曲を自分たちで演奏しているのはTOKIOだけ。

 

そんな彼らのどこを、皆は好きなのでしょう?

 

まず間違いなく、【「鉄腕DASH」でのTOKIO】は含まれるでしょう。

 

「アイドルなのに」土木作業、「アイドルなのに」重機の運転、「アイドルなのに」農作業、「アイドルなのに」漁業…。

(まあこの他にもあの方々は色々なことを経験、習得しており、それだけで凄いことで、好きな理由はそれで十分ですけれども。)

 

「アイドルなのに」職人のようなことが出来るから、面白い。(ネタになる)という部分があるはずです。

 

もちろん、長い年月をかけ重機の免許を取得したり農作業や建築の知識を得たり、アイドルでなくとも応援したくなります。

 

 

しかし、「他のジャニーズと違ってTOKIOはそこが好感」という意見は(少なくとも)私は違うと思います。

 

TOKIOはスゴイです、面白いです、ネタの多さは他の追随を許しません。

しかし、「アイドル」している他のグループがダメなわけじゃありません。

 

アイドルなのに「アイドル」してて悪いことなんかありません。

 

まあTOKIOはバンドとしても完成されているのでそこも比較対象やもしれませんけど。

 

 

同じ方向性で売り出すほど、ジャニーズ事務所も馬鹿じゃないはず。

 

TOKIOは色んな努力を経て、今のポジションを得たのだと思います。

 

それと同時に他のグループも様々な下積みを乗り越え、今のポジションを得て、もしくは得るために必死になっているところでしょう。

 

好き嫌いは人それぞれですし、どう思うのもその人の勝手ですが、他人の努力を知りもせずに踏みにじる、貶すのはどうかなーと思う今日この頃。

 

 

SMAPさん解散騒動時にも色々ありましたね。

 

SMAPのようなグループは他にはいない」

→そりゃそうでしょう。

 

TOKIOやV6じゃ彼らの代わりになれない」

→代わりになるために彼らも頑張ってきたわけじゃないでしょう。

 

それぞれのグループにファンがいます。

そりゃ先輩グループや後輩グループの待遇に面白く思わないファンもいるでしょう。

 

ですが、そんな風に応援しているグループが売れてほしいと願うファンはそのグループにもいることを忘れないでください。

 

まあ、そもそもこのブログ見て「そうだよね気をつけよう」と思ってくださる方はたぶんそういうこと表立って言う人間ではないと思いますけどね。

 

仲間内に言ったつもりの言葉を日本中の人が見てアレコレ言えるのがSNS時代の怖いところです。

怖いことになる前に、気をつけて発言するようにしてみましょう。

 

 

あ、このブログこんな感じです。すいません。

シャッフルメドレーに思うこと

今年のFNSを見返して思ったこと

 

毎年ジャニーズはメンバーをシャッフルし、違うグループの曲を歌うというコーナーを持っています

 

普段はないペアやグループを見れたり、いつもとは違う声質の曲を聞けたり……

ファンからしたら美味しいイベントです

 

残念ながら、このシャッフルメドレーには全ジャニーズグループは参加していません

 

派閥など私たちが知り得ない難しい事情もあるでしょうが、簡単な理由からいえば今や全ジャニーズを集めると多すぎるからではないかと思います

 

その証拠に、出れていないグループを除いても現在のシャッフルメドレーはそれぞれのソロなどほぼなく、個人がカメラに映る時間もかなり短いです

 

どのグループにもファンがいるため、物足りなく感じる方は少なくないでしょう

 

とはいっても、時間に文句があるわけではありません

 

こんな特別な枠を設けさせてもらい普段とは違う趣旨の催しを見ることが出来る私たちファンは幸せ者です

 

あえて怒られることを承知で言うと、グループ数は少ない方がいいと思います

 

ただ、数少ない地上波音楽番組で「うちのグループいなくてもしょうがない」なんてファンはまあいないでしょう

 

実施して欲しいのは、ジャニーズカウントダウンライブ

 

私は友人に借りた数年前のカウントダウンしか見たことがないのですが、こちらでもう少しシャッフルの時間が取れればいいと思うんです

 

もちろん紅白組との兼ね合いやライブ時間との相談……難しいところですが

 

各グループの曲を減らしシャッフルに割り当てればソロも確保できるのではないかと思います

 

毎年ライブがある訳ではないグループのファンはグループ曲を減らしたくないでしょう。気持ちはわかります

 

ただ、せっかくあの場に集合するというミレニアム感を活かすべきではないでしょうか!

 

各グループが別グループの曲を歌うのも良かったですよね

 

まあもちろんこれは個人的意見です

グループ曲の時間はしっかり確保して欲しいという意見も本当に分かります

 

ただ、シャッフルされたメンバーに共通のポイントが見つけられたりいいユニゾンが生み出されていたり、シャッフルメンバーがいいだけに惜しいなぁと思ったので

 

 

 

今年の夏うた縛りのシャッフル面白かったですね

"あの"ジャニーズ

前記事(自己紹介?)にて繰り返し使った「しかもあのジャニーズ」という追加情報

 

ジャニーズファンの方が見れば「馬鹿にしてんのか」「煽られてる」と思われるかもしれません

 

しかし、私も今やいわゆるジャニオタというものですので、決して馬鹿にしたり煽ったりしてるわけではありません

 

そもそも今までの友人に一定の割合でジャニーズファンはいたので、ファンではなかったものの偏見のようなものもありませんでした

 

(でも今考えてみればV6ファンはいなかったな……)

 

V6ファンになったきっかけは別にあるのですが、「学校へ行こう」を見ていたため、元々V6は好意的に見られる存在でした

 

世代的に見てたテレビも「喰いタン」「伊東家」「学校へ行こう」「木更津キャッツアイ」(正確に言えば木更津はリアタイしてない)など

 

まあいわゆる、V6世代(ちょっと嵐世代と交わるくらいかな)

 

 

ファンになってから録画ビデオなどを友人らに借りて見た学校へ行こうの後続番組を含めて言えることですが、

バラエティでの安定感がファンになった理由の一つです

 

特に森田剛さんの言葉選びのセンスなんかは腹を抱えて笑ってしまいます

 

またバラエティにおいて行われる「チャレンジ」に岡田准一さんや坂本昌行さんが安定してクリアするスタイルなのも見ていて安心して楽しめます

 

誰か1人でも「成功」しないと笑えないことってありますよね

 

三宅健さんの好き勝手引っ張り回すスタイルも面白く、着地点を井ノ原さんらが上手く作っているのも「いいグループだなぁ」と感じさせられます

 

結構突出した人たちの集まりでバラエティ番組として瓦解していないのは長野博さんの存在感なのではないかとも思います

 

「喋らない」わけではなく、「主張しない」わけでもなく

しかし主張しすぎてとっ散らかることもなく

 

よくライブのMCや番組で岡田さんを筆頭に「優しい」と言われる長野さん

もちろんそれは多くのファンには確かめられることではありませんが、番組などを見ていると「周りをよく見れる人」なのではないかと思います

 

(まあこれも、ファンの色眼鏡なのやもしれませんが)

 

ジャニタレ、なんて言われて最初から受け付けない人もいるかもしれませんが、意外といいと思うかもしれませんよ?

 

だってTOKIOは好きなんでしょう?(笑)

好きなもの

初めまして、しゃもじと申します。

 

生まれてから20数年、漫画を主としたいわゆる二次元オタクだった私は突如V6という3次元アイドル(しかもあのジャニーズ)を好きになりました

 

もちろん今でも漫画大好きで、買ってます

 

しかしまぁ、男性アイドルを好きになる日が来るとは……(しかもあのジャニーズ)

 

このブログでは戸惑いつつも抜け出せないV6沼について考察し……と見せかけて書きたいことを書き連ねようと思います

 

同士の方がいらっしゃれば嬉しいです