KAKIKAKI

書きたいことを書きます

初めてV6のライブに行った話

ブログ最後に更新したの一年前でした。びっくり。気になること書いてないやんけ。

 

それは置いておきまして、今回はTHE ONESコンサートに言った感想をぽつりぽつりと書かせてください。

内容等息をするようにネタバレすると思うのでWOWOWさんやDVD待ちの方はご注意下さい。

 

順を追って話すので長いです。ごめん。自分用でっす。

 

「THE ONES」10.18

 

 

当落確認に丸一日使ったほど、私はV6のライブを切望していました。

20周年の時期に好きになった「アニバ新規」とでも言うのでしょうか。

(実際20周年関連のテレビすらほとんど見れなかったのですが)

 

今回、10月18日の18時から横浜アリーナで行われるコンサートが私の最初で最後の「ワンズコン」でした。

 

私「もうこれが最初で最後かもしれないし楽しんでいくぜ」

 

 

とりあえずこんな気持ちでした。学生最後の年なので、自由にできる期間の最後の大イベントみたいな気持ちが大きいためです。

 

この日は以前私を別Gのライブに連れて行ってくれた友人と一緒に。(V6のファンクラブ入ってくれてる)

キャイキャイ言いながらグッズを買って、そわそわしながら横浜アリーナへ。

 

 

~会場に入って~

 

 

そわそわしすぎてブロックを間違える

 

友人「こっちじゃない?」

私「いや、15ブロックこっちって書いてあるよ」←私のせいです

 

初参加にはもったいないほどの神席でした。

普通に肉眼でメンバーの顔見えるんじゃねーかっていう位置。すげえ。

 

会場にはスモークが満ちていて、別世界観半端なかったッス。

「これレーザーやるな」「レーザーやるな」

期待MAXでしたね。

 

席に座り、いよいよ5分前。

DVDで予習していたので二拍手からの「ぶいしっ!」が始まると分かって…いたのですが。

 

開場左側から女性一人の力強い声が聞こえるも、他から聞こえず。

とりあえず合わせて手拍子はするものの、

 

「初めて来たドニワカが声出し始めてもいいんだろうか」

 

と自分の中で戸惑い、自分も小さい声しか出ず。

左側でずっと頑張ってたあの方には本当に申し訳なく…、これだけがコンサートの心残りです。

 

 

~オープニング~

 

 

は?映像かっこよすぎか

 

 

細かくお伝えする語彙力がないので潔く諦めます。

ただめっちゃカッコよかった。

 

とりあえずここで涙。

 

「始まったんだぁ」

という実感が沸き感動しながらとりあえずぶいろくくんを振りました。

 

 

~Can't get enough~

 

始まりました、一曲目げりなふ。

 

ちなみにセトリはツアー初日にパラっと見てました。

ペンラ芸も過去DVDも見る限りちょいちょいありそうだったので予習したかったのと、友人がバッチリ見てたので。

 

そのときも思ったんですけど、生で聞いて改めて。

 

「一曲目に持ってくるのかこれを」

 

トニセン三人を中心にかなりの高音(ファルセットでしたっけ)がしょっぱなから響き渡る

知ってたはずなのに推しの歌唱力に再び涙。

 

感想?

「歌うめええええええええ!!」

 

 

~never~

 

ネバーはツアー前に音楽番組でめちゃくちゃやってました。

なので正直見るまでは、「もう結構な回数見たし、そんな感動ってほどでもないんじゃないか」と思ってました。

 

はいスイマセン黙りますね。

 

めちゃくちゃカッコよかったし、テレビに出てる人たちが本当にいて、あんなにカッコイイパフォーマンスを本当に今やっているというこの感動。

 

そしてまた涙。飽きませんね、しばらく泣いてます。

 

左の友人はともかく右の人には「ひっ」とか聞こえてたかも。申し訳ない。

 

大体ね、ゲリナフもネバーも凄く好きなんですよ、曲調そのものが。

惚れ直さないわけがありませんでした。

 

 

~BEAT OF LIFE~

 

入る前にやっと聞けたこの曲。

聞いてみたらこれもやっぱり凄く好きな曲でした。もっと早く聞いておけば良かった…。

 

途中の歌詞でペンラを前に掲げるところは、結構すぐに合わせられました。

 

皆さん随分慣れてらっしゃってて、ベテランさんなんだなーと。

 

今回初披露のアルバム曲もペンラ芸っぽいのはありましたがすぐに対応できるものばかりで、特に困惑することなく楽しめました。

 

「じがじが、じがじが」

小さい声で一緒に言ってみました。超楽しい。涙が少し収まった。

 

 

~SOUZO~

 

少年倶楽部プレミアムで披露した時、森田さんのパーマ姿が最強すぎたこの曲。

 

振り付けが可愛いな~と思っていたのでイントロでテンションMAX振り切りました。

 

すると、V6がセンターに移動!

 

アリーナ(席名でいうセンター)後方だった私はメインステージは人の頭で見えない部分が多く、

横のモニターで見ていることが多かったのですが、中央にあるステージ(以下センターと略記)は人の頭の間を縫って肉眼で見ることが出来ました。

 

V6生きてた!!!!

 

先ほどからちょいちょいモニター確認だったので、ここで改めてV6の生存を認識。

やっぱり涙がちょちょぎれる。

 

すると、何ということでしょう。

 

V6後ろ来た!!!!!?????

 

通路を歩き、彼らはそのままステージ後方へ。

そこにある少し小さめのステージでマイクスタンドを使って例の振り付けで踊っている!

 

後方のステージは誰の頭も邪魔することなく私の視界にはV6の六人が一人残らず確認できました。

 

ここで号泣。

 

スタンド側を向いたりこっちを向いたり。

ああ、後姿でも推せる…とかSOUZOしながらペンラを振って見つめる。

 

元々好きな曲だと思ってましたが、私の中ではもう特別な一曲になりました。

 

ちなみに「さっきから好きな曲ばっかじゃねえか」と思われるかもしれませんが、嫌いな曲、普通の曲は一曲もありませんでした。イエエエエイ!ジャスティス!!

 

 

HONEY BEAT~

 

「音楽番組でよくやる曲」の定番・ハニビがここで!

薄い記憶の中でもっと後の方だと勝手に思っていたのでなぜかビックリ。

 

そしてV6はトロッコで移動。

 

あまり目が合った!という瞬間はありませんでしたが、一番近くにいるメンバーをひたすら凝視して、メインステージまでお見送りしました。

 

そしてここで、メンバーがどなたも近くないときにふと気づく。

 

「泣いて視界がぼやけるのもったいなくね?」

 

もう一分一秒も逃すまいと涙を拭い決意。これ以降涙を流すことはありませんでした。

 

この曲はV6ファンじゃないときにカラオケで歌うこともあったほど、当時から好きだった曲で、生で聞けたことが嬉しくてしょうがなかったですね。ペンラも楽しい!

 

 

~Beautiful World~

 

ここで再び思います。

 

「歌うめえ…」

 

それまではノリのいい曲やダンスをメインで見てしまう曲が多く、落ち着いたびゅりほわを聞いてしみじみと思いました。

ハーモニーっていうんですか、凄く綺麗で。

 

「ビューティフル、ワー」

 

のとこでペンライトが上がるのが、青一色で凄く綺麗でした。ここはペンラなると思ってたので準備万端!

 

坂本くんの歌い方が本当に大好きなんですけど、上手い以外の言葉が浮かばず悔しいです。

 

 

~Answer~

 

は?映像かっこよすぎか(2回目)

 

別の趣味に通ずるところがあり、モニターを凝視。センスありすぎてビビる。プロってすげえ。

 

ほんで、あのね、坂本君がね、出てくるんだけどね、(突然の動揺)

 

Answerの坂本君の歌いだしなんですけどね、もう歌がうますぎて歌が上手い(語彙力皆無)

 

私は今これを生で聞いているんだ、という感動。

しかし逃すまいと涙はぐっと堪えました。

 

このときはメインステージでしたが後半でステージが一部せりあがって?いて、歌っている姿を肉眼で見ることが出来ました。

 

MVではなかった全身全霊の歌い方。6人とも、全力でした。

腹から声を出しているって言うのがこんなど素人の小娘にも分かります。

 

ダンスがあってもおかしくない曲でしたが、ダンスは一切なく。

その代わりV6の「歌」のみのパフォーマンスがここで伝わりました。とても良かった。

 

もちろんステージの演出などもまた素晴らしかったです。上がってくれてありがとう…。

 

 

~Remember your love~

 

一緒に来ていた友人が「今回一番好き」と言っていた曲。私も好き。

 

MVではダンスがありませんでしたが、コンサートではダンスあり!

でも凄く「音」を大切にしてくれているような気もしました。

 

この曲では各メンバーのソロパートでそれぞれの声の良さが出ているところが好きなんですが、生で聞いてよりそう思いました。

 

特に三宅さんの「僕もそうあろうと~」ところが三宅さんの声の良さがまるまる出ていて…。

 

感動して、V6を好きになって良かったなーとしみじみ。

好きになってなかったら来てないんだもんね、スゴイよね。

 

 

~Round & Round~

 

は?映像かっこよすぎか(3回目)

 

MVを踏襲している映像であることはすぐに分かりました。

3Dモデルなんかにあるポリゴン感をイメージしているのでしょうか、図形の使い方が天才的でした。

 

個人的に最高だったのが、メンバーが自分の周りに円を作っているところ。

 

その円が上手く言えないんですけど、コンピュータ感がある円で(ホント上手く言えないちくせう)、世界観がきちんと出来上がっていて最高でした。

 

ダンスも踊っていて…ここでまたふと気づく。

 

「あれこの人たちずっと踊ってる」

 

ハニビがトロッコタイムだったとはいえ、それ以外はほぼダンスしてますね。

 

あ、Answer踊ってねえや。

でもAnswerよりSOUZOとかの方が疲労度低い気がしますね(笑)

 

 

~刹那的Night~

 

西陣織キター!!

 

これは(確か)センターに移動してパフォーマンス。

遠目にも照明に当たって白くなっているのが分かりました。

 

それと、「♪刹那Night」のところの一ポーズずつ静止するところも、遠くで見ればみるほどマネキン感があったと思います。

ピタッと止まってるんです。これまじ。

 

それから、このときに上部にあった照明が降りてくる演出!(ここで初めてだった…かな?)

 

照明がV6を囲い、まるで光る檻に入ったようになるのですが、マネキン感が増してました最高ですありがとうございます。

 

 

~COLORS~

 

これがね、本当に衣装の使い方が上手かった。

 

この曲でソロパートが入るたびに歌ってるメンバーをスポットライトが照らすのですが、照らされることで衣装が白く変化。

 

そしてソロパートが終わるとライトが消え、衣装は元の紫っぽい色に。

 

坂本くん・長野くん→坂本くん

という歌割りで長野くんがさっと下がるんですけど、そのメインの際立ち方がとても見ていて綺麗でした。

 

あと、歌の入りが森田さんなんですけど「あ、本当にこの声出せるんだ」って思いましたね。

 

森田さんを好きになったきっかけは声だったんで、感慨深かったです…。

 

 

~by your side→Believe your smile~

 

再びトロッコタイム。このときは確か上の人たちとアリーナに残る人に別れていたかな?

 

おそらくこの時が一番メンバーが遠かった時間だと思いますが、目で追える範囲でしたし、落ち着いて曲が聞ける時間だったのでむしろ良かったくらいですね。

 

ビリスマに移るとき、岡田さんが「皆歌えるでしょ~?」と煽る。

 

歌ってる人がちょくちょくいましたが、皆さんペンラで応えている雰囲気?(笑)

 

まあ私も笑いつつ大人しくぶいろくくんを上下に振っていました。

 

 

~MC~

 

ようやくMCか!って感じでした。

bys2曲はトロッコでしたがとにかくずっと踊ってた。ジャニーズ凄い。

 

MC内容はほぼ割愛しますがほんとずっと笑ってた。

 

井ノ原さんが「ふぅ~↑ふぅ~↓」という開演前の曲をC&Rみたいにやっていたんですが、マネをするのが面白くて面白くて。

 

「初めて来た人~?」という定番の質問で、手は挙げたものの「はーい!」と返事は出来ず。

 

でも特にV6はもちろん周囲からも特に攻撃的な雰囲気は一切受けず、楽しかったです。

 

あと、MC中にスタッフさんがセンターステージ上で色々と準備をしているのが見えました。

 

今私が楽しんでいるのはこの人たちのおかげでもあるんだと思うと感謝が溢れに溢れる。

 

ありがとうございます、とっても楽しいです。

 

 

~会って話を~

 

トニセンで、ムーディな歌謡曲?のような一曲。

 

これも映像の演出が目を引きました。

 

中世ヨーロッパのような世界観は少し意外でビックリ、でも童謡のように考えると聞いたときのムーディさが消え、おとぎ話のような優しい印象に。

 

ていうか3人なのにハモリの重厚感すごっ

 

流石と言うかなんというか、生で聞くと改めて感じる歌唱力。

 

またソロパートも3人のためたくさんあり、聞きごたえのある一曲でした。

 

見る前と見た後でだいぶ印象が変わった曲ですね。キリンジさん凄い。

 

 

~足跡~

 

カミセンが後ろから登場(たぶん)

森田さんがものすごく近くにいた覚えがあります。

 

この曲はV6がアリーナの通路に点々と位置し、歌をきかせていました。

Answerとはまた違った心のこもった歌い方が見えて、とても印象的。

 

サビの春が来た感が好きなんですけど言語化できなくて辛い。

 

あとこの曲は井ノ原さんのラストがとても好き。

少し切ない感じがするけど、でも井ノ原さんが歌うから力強い感じもする。

 

 

~太陽と月のこどもたち~

 

足跡からの太陽と月はなんだかバブみを感じる流れです。

 

もはや「キャー♡」というより「ママー!!」って感じ。あ、パパか。一名ママか。(ややこしい)

 

これは(これもたぶんですが)センターに移動して6人で歌ってました。

 

やっぱり再び思う。

 

「森田さん本当にこの声生きて出してるんだ…」

 

最後の「♪迷いはもうないはずだよ」が殺人的すぎますありがとうございました。

 

 

~DOMINO~

 

私も友人も今回一番ドキドキしてた曲です。

これは意外にもダンスなし、映像演出もMVを踏襲したライブ版。

 

でも、そのぶん生歌に集中できました。ありがたい…。

 

この歌は皆さん好きな部分があるんですけど井ノ原さんの「♪既に抜け出せないのかも」が好きで好きでたまらんです。本当に聞けて良かった。

 

友人がこの曲を「Airのその後って感じ」と言ってからこの曲を平穏に聞けない自分がいる。

 

 

~Get Naked~

 

問題のカミセン曲。

 

あのドエロい振り付け演出もですが、DOMINOの後にネイキッド持ってきた人を教えてください。

 

てっきりスタッフさんかと思ってたのにパンフでメンバーがセトリ考えていたって聞いて平常心が保てません。最高かよ。

 

タイトルは普通に「あなたに首ったけ」だと思うんですけど、ドミノの後だとストーカー化してるみたいって話になったんですよ。怖すぎか。

 

カミセンにそれぞれカメラがついて、メインステージにかかった薄い幕に投影されるという何だか不思議な演出。

 

三宅さん・森田さんに比べてちょっとだけ自撮りが下手な岡田さんに萌えました。

 

ていうかこの曲のサビで上を歌ってるの三宅さんで合ってます?

ずーーーっと高音出し続けてて、喉強いとかいうレベルじゃないと思います。三宅プロ流石でした。

 

 

~SPARK~

 

トニセンが登場してメインステージでのパフォーマンス。

少し前の方との位置がかぶり、モニターも少し見えにくかったのでこれはWSで記憶を補完。

 

ビックリしますでしょ、これもめっちゃ踊ってましたね。

 

これは三宅さんの「♪微笑みはいつもinside out」が好きなんですが、二番がなかったので「あ、これないな、残念」と勘違い。

 

そしてラスサビで聞けて無駄に興奮しました。錯乱状態じゃねーか。

 

 

~MANIAC~

 

今回使われたカップリング曲の中で一番好きな曲です、メニアック!

 

これは照明がカラフルで鮮やかな印象が強いです。超興奮した。

 

この曲はメロディもなんですが、歌詞も凄く好きなんです。

 

要約すると「何と言われようがこだわったものを作っていこうぜ!」って曲です。

 

これはアーティストさんは皆さんそうなんだろうな、と思うとより強いメッセージを感じる曲でした。妥協せずこだわろうぜ!

 

ちなみにこの曲は「♪すばらしマニアック」をカラオケで歌うのが非常に楽しいです。

 

 

~レッツゴー6匹~

 

「はじまるよ~」のハモリから始まる大合唱。

 

MVでは森田さんが笑っていたり坂本さんが(学校へ行こうの元ネタ意識だと思いますが)振り切っていたりとキャッキャした歌い方でしたが、今回は全員が凄く綺麗なハモリを披露。

 

MVのときも思いましたが、長野さんのハモリ美しすぎて女神かと。

 

ダンスは以前坂本さんがWebのコーナーで「レッツゴーの振りが好き。間違えてもいいって唯一言われたくらい」って言っていたのがよく分かりました。

 

肩組んで足を上げたり、「楽しそう」って感想が一番に出てくる。

 

ファンが「V6が楽しそうにしているのを見るのが好き」って分かってるんだな、とここで実感しました。好きです。

 

あと、モニターに出ている歌詞が例の仕掛けの部分だけ違う色に!

細かいところまで忘れてない。スタッフさん、流石です。

 

 

Sexy.Honey.Bunny!→グッディ!!→愛のMelody→本気がいっぱい~

 

これが確か…トロッコだったかな?後方ステージから出発していたような。

 

ライブの定番・盛り上げソングですね!

やっぱり盛り上がりました。これらも生で聞ける感動がありましたね。

 

グッディ、愛メロに関してはペンラ芸が難しすぎて友人とは入場直前まで予習。

 

よし、予習の成果を出すとき!と張り切っていたのですが、メンバーがトロッコで近くを通過。

 

誰もやっていなかった。

 

でも私の右隣の方がトロッコが過ぎてからやっていたので私も便乗して(笑)

難しいけど出来ると楽しい!

 

このとき、井ノ原さんがスタンドとアリーナの間を通るトロッコで通過したのですが、そのあまりのスタイルの良さに目を奪われました。


いや、スタイル良いって別媒体で見て知ってましたよ?「うわ理想だわ」と思いましたよ?

 

けどね、生で見るって本当に大切。生きてるってことを知るんだもの。

 

井ノ原さんは長い足とすらっとした胴体を元気に動かしながら歌ってました。
この方の歌い方は見てて元気が出ます、好きです。

 

 

MUSIC FOR THE PEOPLE

 

イントロが流れて、センステであの一列のダンス!


やっぱりユーロビート系の曲はテンションが上がります。

それに、MFTPは「ふっふー!」の掛け声があるので、余計にノリやすい。

 

過去DVDを見る限り毎回やる曲ではないようですが、22周年目というこのコンサートでやった意味が少し気になります。

 

個人的には再出発のような意気込みを感じました。ま、ドニワカが考えてもしょうがないんですけど。

 

個人的に悔しかったのが、坂本さんのあの足上げを見れなかったことです…。

 

センターで踊っていたし、少し頭を動かすことになるけど一瞬だけ許して!とあの瞬間に頭を少しずらしたのですが、前の人が全く同じことを考えていたらしく同じ瞬間に頭がずれるというハプニング。

 

やっぱりみんな見たいんだね、あれを…。そうだよね。

 

 


~愛なんだ~

 

今年の夏やっていたこともあり、大興奮。やっぱ好きです、愛なんだ。

 

これも「イエーイ!」の掛け声があり、全力で言えました。楽しいね。

 

このときV6が終わり際「ありがとね~」「またね~」と発言。
セトリを知っているくせに、動揺しました。

 

「え、終わりなの!?最後なの!?もうなの!?」

 

体感30分くらいでした。マジで。

 

すぐにこの後があることを思い出しましたが、次で最後ということが非常にショックでした。

 

 

~ボク・空・キミ~

 

最後は森田さんプロデュースのこの曲。

 

セトリを初めて見たとき意外で驚きました。ゲリナフ一曲目も驚きましたけど。

確かにラストらしい落ち着きのある曲ですけどね。意外なことは意外。

 

そして言いたい。

 

この曲の演出考えた人にお金を渡させて。

 

MVを踏襲した演出は随所でされていました。特にプロデュース曲。

けれどもこの曲の演出は本当に良く出来てました。発想の勝利というか。

 

終盤ではAnswerのようにメンバーの乗ったステージが段階的にせりあがるのですが、そこでスモーク?が流れて雲のようになっていました。

 

ボク・「空」・キミだからですよね!バックの映像も雲が出てましたし…。

 

そしてその後、メンバーの前にシャボン玉がたくさん下から出てくるという演出。

 

これは間違いなく!森田剛が水に入ったときの!!

 

入水した時の空気の泡をシャボン玉で表現した人凄い。凄いとしか言えない自分が憎い。

 

最後の曲で、悲しいのに、ただただ魅せられました。

 

 

~The one~

 

ここからはアンコール曲です。

 

ボク・空・キミが終わるなり、右の人がアンコールを開始。
正直非常にありがたかった。

 

私もすぐにアンコール開始。
開演前と比べ物にならないくらい大声で叫びました。出てきて!の一心で。

 

そしてV6が出てきてくれて、始まるThe one。

 

これも、アンコールに入ってたのが意外でした。これをラストにすると思ってたのに。

 

そして何より意外だったのは、しっとりうたい上げるのかと思いきや、めちゃくちゃ楽しそうに歌ってたことです(笑)

 

WSにありましたけど、6人で手を上に重ねて歌ってるのが可愛かった…。

 

確かに、曲調はしっとりだけど歌詞は勇気や元気が出る曲ですもんね。元気出ました。

 

アンコールの入りに映像でMVと同じ6つの花が出てたのが印象的です。

 

 

~ハナヒラケ→WAになっておどろう~

 

この2曲はトロッコタイムでした!
 
近くに来るとメンバーの衣装が見えたのですが全員アレンジ?重ね着?が凄くキャラが出てる感じで可愛かったです。
三宅さん流石って感じ。
 
しっかしあのときは、メンバーが本当に本当に近かったです。
 
特に記憶に強く刻まれているのが、長野さんと三宅さんです。
 
ロッコはスタンドとアリーナの間か三階席の方だけかと思っていました。
 
スタンド前のアリーナは通路側のブロックだった私からすると少し遠めでした。(いや十分だけどね?)
 
しかし(どの曲か忘れましたけど)前からやってくるトロッコが何だかおかしい。
 
延長線上を考えると、どうもブロックとブロックの間を通っているようだ。
 
しかしそうなると、あのトロッコと私の間には最短距離で人が三人いるだけだ。そんなわけない、そんな近くに来るわけない。
 
 
そんなわけあった。
 
 
長野くんが通りました。ほんの一瞬の出来事でした。
 
(たぶん私にじゃないって分かってるけど)私の方向を見て微笑んでいました。本当に仏の笑顔でした。

何て優しい笑みでこちらを見るのです…?
 
それだけで平静が保てなかったのですが、何と同じトロッコに乗って三宅さんが戻ってきました。
 
素敵なアイドルスマイルを携え、色んな方向を見ながら手を振ってます。流石です。
 
私も手を振りますが、流石に三宅さんは目が合った感覚はせず。
 
 
「でもものすごく近くで顔が見れたし、もう思い残すことはない。」
 
 
甘っちょろいことを考えておりました。
 
その後一番近かったのが三宅さんだったので三宅さんをメインステージまで見送っていたのですが、
 
突然トロッコで三宅さんが大きな丸を描きました。
 
「何だ?」とペンラを振るのを忘れて三宅さんを見ました。たぶんあの辺一帯皆見てた。
 
すると三宅さんは円を描いた直後に投げキッス!
 
 
…アイドル凄い。生まれて初めて「ファンサ」ってやつを貰っちまった!
 
正直行き絶え絶えでしたけど。何とか意識を保ちながらペンラを振りました。
 
 
あと地味にジーンと来たのが、小学校の運動会とかで耳馴染んでいたWAになっておどろうを、好きになったアイドルがカバーとかでなく自分たちの曲として歌っていたことです。

 

何を当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、何だか胸に来ました。

 

 

~Cloudy Sky~

 

ダブルアンコールです。
 
一回目よりもアンコールの声が大きかったのが印象的。アリーナも立つ人が多くなりました。
 
少し出てきてくれるまで時間がかかりましたが、「クラウディスカイを聞けるまでは帰るものか!」と必死でした。
 
先ほど同様右隣の人が大きな声で言ってくれたので、安心して大声出しました。
 
 
そしてクラウディスカイ!
 
これは確か通路で歌ってた…かな?あと色紙もこのときに投げていた…気がする。違うかな?
 
このとき、もしくは一回目のアンコかどっちかで森田さんがこちらを見て笑いました。
 
笑った、森田さんが、笑った!!!
 
忘れません。森田さんって笑ってくれるだけで嬉しくなる…。
 
またこのときは岡田さんもこちらを見てました。私の右前にいた人が「敬礼して」のうちわを持っていたのですが、やってくれてました。私まで嬉しくなる。
 
 
クラウディスカイは坂本さんの「♪さあ吹き飛ばそうぜ」など好きなパートが多く、これもやはり生で聞けて嬉しかったです。
 
もう何度も書くのはアレですが、本当に歌うまい。好き。

 

 

~CHANGE THE WORLD~

 

声からすまで叫びました。
 
次の日、WSで「予定外のアンコール」って出てたのが本当に嬉しくて。
 
三宅さんが「呼ばれたら出るよ」って言ってたのは本当だったんだ、と感動しました。
 
 
犬夜叉の曲として言わずと知れたチェンジザワールド。
 
友人が元々知ってた曲で好きだ、と言ってたので良かったね!の意味を込めて友人の方を見たんですけど全然気付いてませんでしたね。しゃーない。
 
 
これはサビの歌声が「まさにV6!」って感じがして好きです。
 
この曲がトリプルの(恐らく最後だとどちら側も思っている)曲っていうのが凄いですね。
 
過去DVD見る限り、アンコールの定番ということもなさそうですし。
 
 
そして、V6はステージの向こう側へと帰っていきました。
 
一つ思ったのが、ペンライト持ってると拍手しにくい!!!
 
たぶん周りもそうだったんだと思います。拍手の音まばらで、みんなペンラ振ってこたえてたんで。
 
ただちょくちょくストラップつけてる方を見かけたんで、ありゃ上級者だな~と。
 

 

 

~終わって~

 

ライブが終わって、入場前のことを思い出しました。
 
「これが最初で最後かもしれないから」
 
 
いや絶対最後にしねーわ!!
だってV6が「またね」って言ったからね!!?また行くよ!!?
 
ええ、絶対にまた行きます。
 
今回の反省は次に生かしますし。
 
次のライブが何年後になろうと、行きます。
 
V6、好きだ!!!!
 
 
ちなみに一曲ずつ感想を言うなんてまどろっこしいことしましたが、一言に要約できます。
 
 
 
 
「生きてた!!」
 
 
 
 
これからも生けるアイドルV6を応援しつづけようと思います。
 
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
 

 

あとごめん、これだけ言わせて。

 

私の二列まえにいた厚底スニーカーさん忘れねーからな!!!???
 

2011 Sexy.Honey.Bunny!コンサート

*ここではV6のライブDVDを見て感じたことをなるべく客観的に書いています。

*この評価は他グループなどを比べてのものではありません。

*☆の数が少ない=悪いではありません。最初が100点の加点方式です。

*筆者は音楽に関してドがつくほどの素人です。

 

 

 

2011 Sexy.Honey.Bunny!

 

 

曲目:★★★★☆

照明:★★★★☆

舞台:★★★★★

演出:★★★☆☆

カメ:★★★★★

 

◎曲目

花丸満点の2011年の曲目

何と言っても、そのバランスの良さが目立ちます。

 

メンバーのソロが1曲ずつ、トニセンカミセン曲が1曲ずつ

加えて、Coming Century feat.20th Centuryという曲が1曲

(あえて”V6”表記でないところが深いですね)

 

曲調も盛り上げ曲やバラード、シックな曲と幅も広いです。

 

★4の理由はその「幅」が2013の方が広いから、です。

このコンサートでも十分攻めてる印象はありますが、2013では度肝抜かれますので。

 

 

◎照明

他グループや他アーティストのライブをあまり見たことがないので比較が出来ないのですが、照明がスゴイです。

スポットライト、レーザー、ステージライト…曲によって巧みに使い分けられるため、それぞれ「曲」の雰囲気を最大限に引き出しています。

 

スモークも必要に応じて使用されています。

スモークもまた光を反射し、幻想的な世界を演出しています。

 

メンバーカラーで照らしたり、螺旋模様を入れたりと、「そんなことまで出来るの!?」という驚きをくれます。

 

こちらも★4なのは、2015年の照明に脱帽したためです。

(余談ですが私が初めて手にしたV6のDVDはこれ。そのとき、照明に衝撃を受けました。それでも2015には目を奪われたので、★4にしました。とはいえ、2011も凄いんですよ。)

 

 

◎舞台

舞台、というかステージのことです。

これは文句なしの★5です。

 

六芒星の形をしたステージは、真ん中のステージと外側の三角形部分が独立しており、そこのみ色を変えたり、光らせたりすることができます。

それぞれをメンバーカラーにしたり、曲の雰囲気に合わせて輪郭だけを光らせたり…まさに自由自在。

 

しかしも可動式のため、高さの違う階段のようなステージにも出来ます。

これにより演出やダンスにも幅が出ているように思えます。

 

またセンターステージのため、メンバーの向きが正面に固定されず、フォーメーションも360度に魅せることを考えて作りこまれています。

 

 

◎演出

ここでの「演出」は他で見られないこの年独自の「ファンサービス」を中心に見た演出のことを指します。

 

★3としたのは、他の年に比べ短かったためです。

この年独特の演出といえば

「誕生日」のファンサービスでしょう。

 

坂本さんのソロ「Happy Happy Birthday!」でその日に誕生日を迎えた人と一緒にステージ中央にあるバースデーケーキのローソクを模した照明を坂本さんと息を吹いて消す、というもの。

 

個人を対象としたファンサは2013と同じで、V6らしい演出ですね。

 

「誕生日」が対象ということで、長野さんが選ばれたこともあったとか。面白いですね。

ただ、残念なのが「メンバー」と「短さ」。

 

坂本さんのソロにメンバーがバックでついていたのですが、時間の関係か岡田さんがついていませんでした。
当時のリハにもあまり出れなかったそうなので、準備の時間が間に合わなかったのでしょう。

 

その上、カミセンがスタンバイの関係で早めに抜ける必要があり、最終的な演出は坂本さんのみで行われます。
(もちろんめちゃくちゃカッコいいんですけど)

 

殆どのファンは6人が揃って何かをやっているのが好きですから、後ろにいるだけでもいいから、居てほしかった、というのが本音です。

もちろん、坂本さんの「おめでとうございます」は本当にカッコイイです。


ちなみにあえて触れませんでしたが、「曲」そのものの演出は良く練られています。
特に、三宅さん、森田さんのソロの演出は鳥肌ものです。

 

 

◎カメラワーク

星を綺麗に並べたかったので変な略し方にしてしまいました、すみません。

 

カメラワークですが、これは本当の本当にいいです。
1曲1曲がPVのようなカメラワークと切り替えです。

 

また2011は演奏やコーラスの方がよく見える位置で演奏されているのですが、かなりの頻度でその姿を映しています。

 

曲調によってバイオリン、チェロなどとギターやドラムが使い分けられます。

森田さんソロではトランペットも登場。それもまた映像美になっています。

 

アイドルのDVDだからどうせ顔ばかりアップで写っているのだろうと思っていた自分を殴りたいです。

 

演奏者だけでなく本人たちの映像もかなり大胆に選んでいます。

ダンスが見えるように全身を入れるだけでなく、足元だけ、手元だけといった一部のアップもかなり見られます。


それがまたPVのような魅力を出しています。

 

Air」という曲ではかなり独特な光の演出がされるのですが、Airではその演出をメインにカメラが回り、メンバーの顔アップは多くはありません。
全体も暗く、はっきり映らないことが多々あります。

 

しかし、「完成」された映像美に文句どころか賞賛の声しか出ません。

 

――――――


以上、カテゴリに分けてV6のライブを評価してみました。


改めて言いますが、「100点」が前提の評価です。
しかしそれだと余りにも欲目すぎるので、我慢した結果がこちらというだけです。
(演出だってSupernova見たら十分だって分かりますからね)

 

ちなみにカテゴリ別オススメの曲は

 

曲目:New Day
照明:Mission of Love
舞台:Crank it up!!
演出:Supernova
カメ:You Know?、官尾

 

です。もちろん、他にもいっぱいありますが、イチオシはこれ!

 

2011年のライブ、通称セクバニコンはV6をあまり知らない方にもオススメします。
何を隠そう、私もこれでV6にハマったのです。

 

ちょっと気になっている…、という方は是非!

 

 

 

余談

ちなみに私が持っているのは通常盤DVDで、オマケにはSP、セクバニ、スパノバのマルチアングルがついています。

見てみてとても良かったので初回限定盤はないかと探したら、なんと3万円でした…。今のV6の過去ライブDVDの中で一番高値だそうですね…。まだ手が出せません…。

ドリフェス

ドリームフェスティバル、無事V6さんの演目が終了したそうですね。本当にお疲れ様です、ありがとうございます。

参加した方々もおめでとうございました、楽しめましたか?

 

残念ながら私は参加出来なかったのですが(落選…)14曲という驚きの曲数や演出、ファンサをTwitterで聞き楽しいフェスになったのだと分かって、それだけでとても嬉しいです。

(fake→will→SPの流れは本当に見たかったです映像化待ってます)

 

セトリが良かった!という感想を多く目にしますね。

考えたのは三宅さんとのこと。流石ですねぇ。

 

特に、皆が知っている曲を数曲ではなくファン人気も高い「V6の名曲」を十数曲詰め込んだのはただ凄い、の一言です。

 

ドリフェスには他アーティスト方のファンも多く参加されてます。

 

そんな、V6を全く知らない人にV6を知ってもらう、かつV6が好きなファンにも楽しめるセットリストだと感じました。

 

関連ツイートを軽くエゴサしましたが、Vファン以外の方もV6のことを言及しており、「良かった」「凄かった」というお言葉が!

とてもとても嬉しいです。

 

若干懸念していた「ジャニオタマナー」に関しても、探しましたが特に問題と見られる様子はありませんでした。

 

これまで数年ジャニーズが参加していることもあり、フェス参加の人々に慣れがあるのかもしれませんね。

 

 

とにかく、ライブがなかった2016年、まさかフェスという形で露出があるとは思いませんでしたが、本当に有難いですね

 

来年はライブもあるのかな?

 

年明けにはトニセン舞台が確約されていますし、楽しみですね!

 

 

 

テレビ放送で見たくて見たくてしょうがないので、とりあえず今夜はライブDVD見ます

TOKIOとその他グループにおける格差

ジャニーズといえば男性アイドルを数多く輩出するそのカテゴリにおいて(一般人の私が思うに)最大手の事務所かと思われます。

 

その歴史は古く、三世代でジャニーズファンという家庭もあるのではないでしょうか。

 

しかしその一方で厳しい見られ方をされることも多いのがジャニーズ。

 

もちろん多くの人の目に晒される「芸能人」には必ず「アンチ」がいるとは思いますが、一部の界隈に存在そのものを嫌う人が一定数いることは認めざるを得ません。

 

 

しかしそんな人たちが唯一「許す(好き)」なジャニーズ、それは「TOKIO」でしょう。

 

鉄腕DASH」という番組で有名な職人集団TOKIO

ジャニーズ事務所所属ということでカテゴリは間違いなく「男性アイドルグループ」にも関わらず、他のジャニーズと違いバンドグループとして売り出されています。

 

楽器を弾けるジャニーズは彼らだけではありませんが、ほぼすべての楽曲を自分たちで演奏しているのはTOKIOだけ。

 

そんな彼らのどこを、皆は好きなのでしょう?

 

まず間違いなく、【「鉄腕DASH」でのTOKIO】は含まれるでしょう。

 

「アイドルなのに」土木作業、「アイドルなのに」重機の運転、「アイドルなのに」農作業、「アイドルなのに」漁業…。

(まあこの他にもあの方々は色々なことを経験、習得しており、それだけで凄いことで、好きな理由はそれで十分ですけれども。)

 

「アイドルなのに」職人のようなことが出来るから、面白い。(ネタになる)という部分があるはずです。

 

もちろん、長い年月をかけ重機の免許を取得したり農作業や建築の知識を得たり、アイドルでなくとも応援したくなります。

 

 

しかし、「他のジャニーズと違ってTOKIOはそこが好感」という意見は(少なくとも)私は違うと思います。

 

TOKIOはスゴイです、面白いです、ネタの多さは他の追随を許しません。

しかし、「アイドル」している他のグループがダメなわけじゃありません。

 

アイドルなのに「アイドル」してて悪いことなんかありません。

 

まあTOKIOはバンドとしても完成されているのでそこも比較対象やもしれませんけど。

 

 

同じ方向性で売り出すほど、ジャニーズ事務所も馬鹿じゃないはず。

 

TOKIOは色んな努力を経て、今のポジションを得たのだと思います。

 

それと同時に他のグループも様々な下積みを乗り越え、今のポジションを得て、もしくは得るために必死になっているところでしょう。

 

好き嫌いは人それぞれですし、どう思うのもその人の勝手ですが、他人の努力を知りもせずに踏みにじる、貶すのはどうかなーと思う今日この頃。

 

 

SMAPさん解散騒動時にも色々ありましたね。

 

SMAPのようなグループは他にはいない」

→そりゃそうでしょう。

 

TOKIOやV6じゃ彼らの代わりになれない」

→代わりになるために彼らも頑張ってきたわけじゃないでしょう。

 

それぞれのグループにファンがいます。

そりゃ先輩グループや後輩グループの待遇に面白く思わないファンもいるでしょう。

 

ですが、そんな風に応援しているグループが売れてほしいと願うファンはそのグループにもいることを忘れないでください。

 

まあ、そもそもこのブログ見て「そうだよね気をつけよう」と思ってくださる方はたぶんそういうこと表立って言う人間ではないと思いますけどね。

 

仲間内に言ったつもりの言葉を日本中の人が見てアレコレ言えるのがSNS時代の怖いところです。

怖いことになる前に、気をつけて発言するようにしてみましょう。

 

 

あ、このブログこんな感じです。すいません。

シャッフルメドレーに思うこと

今年のFNSを見返して思ったこと

 

毎年ジャニーズはメンバーをシャッフルし、違うグループの曲を歌うというコーナーを持っています

 

普段はないペアやグループを見れたり、いつもとは違う声質の曲を聞けたり……

ファンからしたら美味しいイベントです

 

残念ながら、このシャッフルメドレーには全ジャニーズグループは参加していません

 

派閥など私たちが知り得ない難しい事情もあるでしょうが、簡単な理由からいえば今や全ジャニーズを集めると多すぎるからではないかと思います

 

その証拠に、出れていないグループを除いても現在のシャッフルメドレーはそれぞれのソロなどほぼなく、個人がカメラに映る時間もかなり短いです

 

どのグループにもファンがいるため、物足りなく感じる方は少なくないでしょう

 

とはいっても、時間に文句があるわけではありません

 

こんな特別な枠を設けさせてもらい普段とは違う趣旨の催しを見ることが出来る私たちファンは幸せ者です

 

あえて怒られることを承知で言うと、グループ数は少ない方がいいと思います

 

ただ、数少ない地上波音楽番組で「うちのグループいなくてもしょうがない」なんてファンはまあいないでしょう

 

実施して欲しいのは、ジャニーズカウントダウンライブ

 

私は友人に借りた数年前のカウントダウンしか見たことがないのですが、こちらでもう少しシャッフルの時間が取れればいいと思うんです

 

もちろん紅白組との兼ね合いやライブ時間との相談……難しいところですが

 

各グループの曲を減らしシャッフルに割り当てればソロも確保できるのではないかと思います

 

毎年ライブがある訳ではないグループのファンはグループ曲を減らしたくないでしょう。気持ちはわかります

 

ただ、せっかくあの場に集合するというミレニアム感を活かすべきではないでしょうか!

 

各グループが別グループの曲を歌うのも良かったですよね

 

まあもちろんこれは個人的意見です

グループ曲の時間はしっかり確保して欲しいという意見も本当に分かります

 

ただ、シャッフルされたメンバーに共通のポイントが見つけられたりいいユニゾンが生み出されていたり、シャッフルメンバーがいいだけに惜しいなぁと思ったので

 

 

 

今年の夏うた縛りのシャッフル面白かったですね

"あの"ジャニーズ

前記事(自己紹介?)にて繰り返し使った「しかもあのジャニーズ」という追加情報

 

ジャニーズファンの方が見れば「馬鹿にしてんのか」「煽られてる」と思われるかもしれません

 

しかし、私も今やいわゆるジャニオタというものですので、決して馬鹿にしたり煽ったりしてるわけではありません

 

そもそも今までの友人に一定の割合でジャニーズファンはいたので、ファンではなかったものの偏見のようなものもありませんでした

 

(でも今考えてみればV6ファンはいなかったな……)

 

V6ファンになったきっかけは別にあるのですが、「学校へ行こう」を見ていたため、元々V6は好意的に見られる存在でした

 

世代的に見てたテレビも「喰いタン」「伊東家」「学校へ行こう」「木更津キャッツアイ」(正確に言えば木更津はリアタイしてない)など

 

まあいわゆる、V6世代(ちょっと嵐世代と交わるくらいかな)

 

 

ファンになってから録画ビデオなどを友人らに借りて見た学校へ行こうの後続番組を含めて言えることですが、

バラエティでの安定感がファンになった理由の一つです

 

特に森田剛さんの言葉選びのセンスなんかは腹を抱えて笑ってしまいます

 

またバラエティにおいて行われる「チャレンジ」に岡田准一さんや坂本昌行さんが安定してクリアするスタイルなのも見ていて安心して楽しめます

 

誰か1人でも「成功」しないと笑えないことってありますよね

 

三宅健さんの好き勝手引っ張り回すスタイルも面白く、着地点を井ノ原さんらが上手く作っているのも「いいグループだなぁ」と感じさせられます

 

結構突出した人たちの集まりでバラエティ番組として瓦解していないのは長野博さんの存在感なのではないかとも思います

 

「喋らない」わけではなく、「主張しない」わけでもなく

しかし主張しすぎてとっ散らかることもなく

 

よくライブのMCや番組で岡田さんを筆頭に「優しい」と言われる長野さん

もちろんそれは多くのファンには確かめられることではありませんが、番組などを見ていると「周りをよく見れる人」なのではないかと思います

 

(まあこれも、ファンの色眼鏡なのやもしれませんが)

 

ジャニタレ、なんて言われて最初から受け付けない人もいるかもしれませんが、意外といいと思うかもしれませんよ?

 

だってTOKIOは好きなんでしょう?(笑)

好きなもの

初めまして、しゃもじと申します。

 

生まれてから20数年、漫画を主としたいわゆる二次元オタクだった私は突如V6という3次元アイドル(しかもあのジャニーズ)を好きになりました

 

もちろん今でも漫画大好きで、買ってます

 

しかしまぁ、男性アイドルを好きになる日が来るとは……(しかもあのジャニーズ)

 

このブログでは戸惑いつつも抜け出せないV6沼について考察し……と見せかけて書きたいことを書き連ねようと思います

 

同士の方がいらっしゃれば嬉しいです